三陽商会のファッションウェブマガジン

みんなどうしてる? ||セレモニースタイルの正解

みんなどうしてる? セレモニースタイルの正解

着こなし解決ラボ

お世話になった園や学校を巣立つ卒園・卒業、新たな出会いに胸を膨らませる入園・入学のシーンには、感謝の気持ちと喜びを込めた特別な装いをしたいもの。でも、どんな着こなしをすればいいのか、悩む人も多いのでは?
素材や仕立てにこだわった「ハレの日にふさわしいスタイル」をご紹介しながら、基本のセットアップや小物の選び方、アクセサリーの付け方などをレクチャーします。

卒園式や卒業式には、王道のネイビーセットアップがおすすめです

卒園式や卒業式は、色味を押さえたベーシックなデザインを選ぶ方が多いようです。インナーにブラウスなどを合わせる場合は、サテンやシフォンなどの優しい印象の素材や、白やベージュなどの明るいカラーを選ぶのが良いでしょう。黒は冠婚葬祭のイメージが強いので避けるのが無難ですが、もし着用する場合には明るい色味のコサージュなどを襟元や胸元に付けることをおすすめします。式典では、椅子に座ることも多いので、スカートは座った時に膝が出ない丈を選ぶのもポイント。タイツやソックスはカジュアル感が強いので、足元はナチュラルストッキングにパンプスがベターです。

  • 「TRANS WORK(トランス ワーク)」の美シリーズのセットアップは、着心地の良さとシルエットの美しさが秀逸。サイズ展開も豊富なのが嬉しい。
    「Paul Stuart(ポール・スチュアート)」のツイードワンピースは、同素材のジャケットを合わせてセットアップにも。すっきりとしたシンプルデザインに、素材の良さと美しいシルエットが光ります。

入園式や入学式は、明るいカラーで華やかに

  • 新しい世界への第一歩となる入園式や入学式では、明るいカラーを選ぶ方も多いようです。「はじめまして」が多い場面ですので、親しみやすさときちんと感を意識した装いを心掛けましょう。卒業の式典と同様に、椅子に座ることも多いので、スカート丈は膝が出ないものを選べば安心です。

     
    「TO BE CHIC(トゥー ビー シック)」のツイードセットアップは、どこかレトロな雰囲気が漂うデザイン。ジャケットもスカートもそれぞれ単品使いもでき、着回しも楽しめます。

セレモニーに相応しいアクセサリーやバッグ

アクセサリーで印象を変えて
ブローチやコサージュを合わせると、いつものジャケットもぐっと華やぎます。卒園、卒業の時には、ネックレスだけでシックにまとめ、入園・入学の時には華やかなコサージュをプラスして付ければ、同じジャケットを卒入で着回すことも可能です。
コサージュを付ける位置は、胸元より鎖骨のあたりの少し高めの位置にするのがポイント。相手の目線の位置が高くなり、顔回りが明るくなるのでおすすめです。

  • ネックレスは、首に沿う短めのタイプのものがおすすめです。長いものはお辞儀をする際に邪魔になるので注意が必要です。また、じゃらじゃらとした音がなるものも避けましょう。
    コサージュ初心者は、ジャケットと同素材のものを選べば気負わずに付けられます。

座った時に邪魔にならないバッグ
バッグは膝の上に収まる小さめサイズか、自立するタイプのものを選ぶと座った時に困りません。黒やネイビーなどのダークカラーを選びがちですが、白やベージュ、グレーなどの明るめのベーシックカラーを合わせると、着こなしが明るくなります。持ち帰る荷物や配布物がある場合もあるので、サブバッグがあると便利です。

  • 左:「トランス ワーク」の美バッグは、多機能なポケットが充実していてお仕事にも使えます。必要な物をしっかり収納しながら、コンパクトなサイズで邪魔になりません。
    右上:「トゥー ビー シック」のトートバッグは帯のようなディテールがエレガント。
    右下:洗練されたデザインと機能性が好評の「ポール・スチュアート」のファーストバッグ。滑らかな艶のあるエンボスを施した、堅牢な牛革素材で、どんな着こなしにもマッチします。

この記事の関連商品はこちら

PAGE TOP