三陽商会のファッションウェブマガジン

太ももの外側が痛いのはなぜ?症状ごとに痛みの原因をチェック!

太ももの外側が痛いのはなぜ?症状ごとに痛みの原因をチェック!

LIFE STYLE

太ももの外側に痛みを感じて、歩きにくいと感じることはありませんか?太ももの外側が痛いときは、神経痛を引き起こしているかもしれません。そのまま放置していると、身体に負担がかかって辛くなるばかりか、手術が必要になることがあるので要注意です。本記事では、太ももの外側に痛みを感じる症状と原因を解説します。

太ももの外側が痛い原因

ひと口に痛みといっても、症状は人それぞれです。痛みを感じる部分や、どんな症状があるかによって原因が異なります。太ももの外側にどんな痛みがあるかチェックしてみてください。


太ももの外側に痛みが生じる仕組み
どうして太ももの外側に痛みを感じるのか、構造を確認していきましょう。骨盤の前外側には、上前腸骨棘(じょうぜんちょうこつきょく)という出っぱった骨があります。すぐ下に走っているのが「外側大腿皮(がいそくだいたいひ)神経」です。太ももの外側の皮ふに伝わる神経で、骨盤から出てくるトンネル部分の神経が痛むことで、太ももの外側にしびれが生じることも。ほかにも、腰から出て、お尻から太ももに走っている「坐骨神経」があります。身体のバランスを取るほか、歩いたり走ったりするときに働く神経です。坐骨神経に沿っているお尻から太ももの外側や太ももの裏側、ふくらはぎ、足の甲に痛みを感じます。

太ももの外側が痛い原因①「大腿外側皮神経痛」

次のような症状がある場合は、大腿外側皮神経痛が起こっている可能性があります。


・股関節の外側に痛みを感じる
・太ももの外側にしびれや痛みがある
・歩くと太ももの外側が痛くて辛い


太ももの外側に痛みやしびれが起こるものの、運動麻痺は起こらないのが特徴です。胸を張って立った状態や歩いた状態になると痛みを強く感じるため、腰の病気と間違えやすいので注意しましょう。


大腿外側皮神経痛を引き起こす原因

大腿外側皮神経痛は、鼠蹊部(そけいぶ)が圧迫されて神経の出口がつぶれることが痛みの原因です。つぶれている神経の出口を押したり叩いたりすると、しびれを感じることがあります。
次のような場合は大腿外側皮神経を引き起こす可能性があるので注意しましょう。


・ボトムスに窮屈なパンツを履いている
・締め付けがきつい補正下着やコルセットをしている
・肥満や妊娠でお腹が出ている
・パンツの前ポケットに物を入れている
・全身の血流が低下している
・長時間座りっぱなしで作業をしている


神経の出口をつぶしてしまうような衣類を着用している場合は、使用を中止してください。病院で治療する場合、ビタミン剤を服用して様子を見るのが一般的です。症状が強くなると、大腿外側皮神経痛ブロックをおこないますが、数時間は足に力が入りにくくなるため、歩けなくなる場合もあります。効果が見られない場合は、手術を受けるのも選択肢の1つです。

太ももの外側が痛い原因②「坐骨神経痛」

腰から分かれてお尻から太ももにかけて走るのが坐骨神経です。坐骨神経が圧迫されると、太ももの外側に痛みが生じます。
次のような症状がある場合は、坐骨神経痛が起こっているかもしれません。


・太ももの外側だけでなく、お尻にも痛みやしびれがある
・足の痛みが強くて歩けない
・太ももの外側だけでなく、裏側やふくらはぎにも痛みやしびれがある
・腰を動かすと太ももに痛みが生じる
・安静にしていてもお尻や足が痛い
・足がだるい
・お尻が痛くて座っていると辛い
・足が痛くて立ったままでいると辛い
・身体をかがめると痛い


坐骨神経は太ももから下肢(足)の神経を支配していて、走ったり歩いたり、身体のバランスを取る働きがあります。重症になるとほかの症状も引き起こすので、早めに病院や整形外科を受診しましょう。


坐骨神経痛を引き起こす原因
坐骨神経には、椎間板ヘルニアと脊椎管狭窄症と両方が生じる3タイプがあります。上半身を前屈みにしたときに痛みが強くなるのが「屈障害型」で、後ろに反らしたときに痛みが強くなるのが「後屈障害型」です。


・ヘルニア型の坐骨神経
上半身を前に曲げたときに痛みが強くなる場合は、腰椎椎間板ヘルニアが生じている可能性があります。腰を後ろに反らすのは問題なくできても、前に曲げると痛みが出るのが特徴です。中腰や前かがみになる姿勢が症状を悪化される原因になることがあるので注意しましょう。


・狭窄症型の坐骨神経痛
上半身を後ろに反らしたときに痛みが強くなる場合は、脊柱管狭窄症が生じている可能性があります。腰を前に曲げるのは問題なくできても、後ろに反らすと痛みが出るのが特徴です。腰を反らす運動に注意しましょう。


・合併症坐骨神経痛
椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症の両方を併発している可能性があります。腰を前に曲げても後ろに反らしても痛みが強くなるのが特徴です。手術が必要になる場合もあるので早めに整形外科を受診しましょう。


坐骨神経痛は、正しい姿勢を取って脊髄のS字カーブを保つことが症状軽減につながります。まっすぐ立って横からチェックしてみましょう。脊髄が前後に少し弯曲してS字状になっているのが正しい姿勢です。S字が崩れると体重や運動の衝撃を脊髄が支えきれなくなるため、坐骨神経痛の症状が出やすくなります。

太ももの外側が痛い原因を知って改善に役立てよう

太ももの外側に感じる痛みにはいくつかの原因があります。姿勢や下着の影響によって、大腿外側皮神経痛や坐骨神経痛を生じることがあるので注意が必要です。外的要因を排除して、姿勢を正すことで痛みが軽減されることがあります。太ももの外側が痛いと感じるときは、病気が隠れているかもしれません。場合によっては手術が必要になることもあるので、無理や我慢をせずに速やかに医療機関を受診しましょう。

編集&文/SANYO Style MAGAZINE編集部 写真提供/amana images

 

PAGE TOP