ゴールデンウィーク||10daysコーディネート vol.2

ゴールデンウィーク10daysコーディネート vol.2

メンズコーデの正解

今年のゴールデンウィークは10連休! すでに旅行などの予定を立てている人も多いかと思いますが、ここでは都会で働く、あるビジネスマンのゴールデンウィークの過ごし方を想定し、それぞれのシーンに応じた着こなしを紹介。第2弾となる今回は、結婚パーティーから公園遊びまで、TPOに合わせた装いを、ぜひ参考に!

5/1 (wed) @友人の結婚パーティー

  • シャンブレー素材のタキシードで、
    上品さのなかに遊びを表現


    大安吉日の今日は、学生時代からの友人の結婚パーティーで代官山にあるレストランへ。隙のないフォーマルスタイルは“頑張ってる感”が出てしまうし、かといってビジネス然としたスーツやジャケパン姿では遊び心に欠ける。「LOVELESS(ラブレス)」のストレッチシャンブレー素材によるタキシードで、エレガントさを保ちつつ洒脱な装いで臨む。首元のスカーフで気品をもたらしながら、足元をスニーカーでハズせるのもこの一着の魅力です。

5/2 (thu) @公園で子供と遊ぶ

  • ストレッチ性に優れた上下だから、
    子供と一緒に走り回れます


    今日はなんの予定もない日。子供を連れて、自宅近くの都立公園へ。そんなシチュエーションで便利なのが、伸縮性のあるナイロン素材を用いた「MACKINTOSH PHILOSOPHY(マッキントッシュ フィロソフィー)のコーチジャケット。止水ジップによるポケットなどが都会的な雰囲気も漂わせます。ボトムスは色落ちしたブルージーンズで男らしいヴィンテージ感をアピールしつつ、こちらもかなりストレッチするので着心地抜群です。

5/3 (fri) @スポーツ観戦

  • 短丈のリブ付きMA-1ブルゾンが、
    アクティブな休日にもってこい!


    密かに応援している地元のJリーグクラブのホームゲームを観に、スタジアムへ。軽快さが求められるそんな場面で、街着としてのスタイリッシュな見た目とスポーツウェアのような動きやすさを両得できるのが、「ラブレス」のコットンブルゾン。はっ水加工が施されているのでちょっとの雨ならへっちゃらで、光沢のある生地が上品な印象。ストレッチナイロンによるイージーパンツとの合わせは、大人のスポーツ観戦に最適です。

Photo: Masayuki Shimizu@mili(Model), Yuichi Sugita@POLYVALENT(Still) Styling: Hajime Suzuki Hair&Make-up: Kazuya Matsumoto@W Model: Takashi Sakurai@INDIGO Edit&Text: Satoru Yanagisawa Direction: Pomalo inc.

この記事の関連商品はこちら

PAGE TOP