三陽商会のファッションウェブマガジン

レディな着こなしは||「レトロ柄スカート」が旬!

レディな着こなしは「レトロ柄スカート」が旬!

今日のリアルコーデ

今季の代表トレンドのひとつが、"クラシカル"ムード。そんな気分を大人の女性が取り入れるなら、ヴィンテージ風の主役スカートを手に入れて。レトロなレディ感を一点投入するだけで、いつものスタイルもたちまち今年らしく活性化されます!

ちょっぴり懐かしい幾何学柄でトレンドを意識

  • 「TRANS WORK(トランスワーク)」のスカートは、シックな幾何学柄がポイント。ラップ風タックが入ったAラインシルエットで、レトロな雰囲気を今年らしくアップデート。「EPOCA(エポカ)」のざっくりニットを合わせて、リラックスムードで着こなして。全体のトーンを統一すれば、主張のあるプリントもすっきりと攻略できます。

  • メイドイン・イタリーにこだわるブランド「LORISTELLA(ロリステッラ)」のバッグ。
    スムース×スエードのコンビレザー使いと、フロントのサークルリングが今年らしいデザイン。ショルダーを外して、クラッチとしても活躍します。

ランダムに揺れるチェックがインパクト抜群

歩くたびに優雅に揺れるヘムラインが女性らしい「CAST: (キャスト)」のスカート。ヘリンボーン柄×ビッグチェックの大胆な切り替えが、着映え感たっぷり。「アマカ」のボウタイニットを合わせ、華やかなフィット&フレアーシルエットを完成させて。大人フェミニン派におすすめの、クラシックなモノトーンスタイルです。

  • アシンメトリー切り替えのチェック柄が目を引くスカートは、ウール混のキレイめなツイードタイプ素材。チクチク感が少ない滑らかな風合いなので、着心地も快適です。「MACKINTOSH LONDON(マッキントッシュ ロンドン)」のバッグは、素材のコンビ使いがポイント。きちんと感もあるたっぷり収納タイプなので、通勤バッグとしてもおすすめ。

この記事の関連商品はこちら

撮影/倉本ゴリ@Pygmy Company スタイリスト/望月律子@kind ヘア・メーク/福川雅顕 モデル/大桑マイミ 編集/武田聡子 ディレクション/Pomalo inc.

 

PAGE TOP