もっと愛されるために。||この冬、コートを着る

もっと愛されるために。この冬、コートを着る

スペシャル

この冬は、個々の魅力を引き出すため、もっと愛されるためのコートをラインナップしました。

あなたにとって、とっておきの一着が見つかりますように。

  • MACKINTOSH LONDON
    上品な印象漂うエレガントなロング丈ダウン。イタリア製サテンタフタの深みのあるマットな光沢が女性のつややかさを際立たせてくれる。フォックスファーとフードは取り外し可能。

  • Paul Stuart
    グレートーンの2色の糸を使用した軽やかな着心地の上品なステンカラーコートは、スカートにもパンツスタイルにも似合うエレガントな表情が自慢。スタイルアップ効果を狙えるバッグベルト付き。

AMACA
首元のオシャレを楽しめるすっきりとしたVネックのノーカラーコート。トレンド感のあるラフなシルエットと、こっくりとした深みのあるカラーで、モノトーンになりがちな冬のコーディネートに抜け感をプラス。

  • TO BE CHIC
    ダウンインナー付きの3WAYコートで、防寒アウターとしてもスプリングコートとしても活躍。バルーンシルエットのキュートな印象の中に、スタンドカラーでシックな大人を演出。

  • MACKINTOSH PHILOSOPHY
    ボリュームのある袖デザイン、たっぷりとしたシルエットで、インナーもすっきり着こなせるリラックス感漂うアンゴラ圧縮ビーバーコート。アウターにホワイトを取り入れることで、上品な印象に。

  • EPOCA
    高級感ある上質な糸を使用。着るだけで立ち居振る舞いまで美しく演出するロングコート。シルエットはストレートながら、羽織るとエレガントな印象に。ジャケットの上から着用できるラグラン仕様もポイント。

SANYO COAT
70年以上、コートを作り続けてきたSANYOの技術を結集した「100年コート」。コートのケアを受けられる「100年オーナープラン」も好評。世代や流行を越えて永く愛されることを目指したクオリティと女性を美しく見せるシルエットが自慢。

  • TRANS WORK
    ウールカシミヤの微光沢が際立つ気品あるスタンドカラーコート。第一ボタンを外して衿を寝かせ、ウイングカラーコートとしても着用可能。ウエスト位置を高めに絞った美しいシルエットが特徴。

  • EVEX by KRIZIA
    羽毛には京鴨ダウンを使用。部分的にキルトを施したステッチデザインやスポーティーなジップ使いが目を惹く、アクティヴで上品な女性にぴったりの一着。ウォッシャブルで機能性も抜群。

おんな、おとこ。コート姿の美しい人

 風が吹くと、コートが着たくなる。冬が来て、そのシーズンで初めて着る日は、いつも特別な気持ちになる。新しい洋服に袖を通す嬉しみのような。あるいは、誰も見ていないのに、なんだか照れるような。
 コートは、着る人そのものだと思う。静かに袖を通す人、コートで大きく空を切って、がばっと羽織る人。パタパタと 裾がはためく音にハッとして、通り過ぎた人を振り返ることがある。そんなとき、コートの背中に、その人の人となりを感じたりするものだ。
 素材、色、形、ディテール、機能。選ぶ時のポイントはいくつもある。それでも、コートで人となりまで見通されてしまうのであれば、いちばんこだわらなければならないのは、シルエットであると断言したい。
 そうなると新しい一着を手に入れるときには、とにかく着てみるに限る。同じコートが、着る人によってこんなにも違うとは。シルエットとは、そういうものである。
 私の部屋に飾ってある両親の写真。新婚旅行で撮影した、コート姿の二人だ。帽子をかぶり、精一杯のおしゃれをした父親と母親が着ているのは、コクーンなんて言葉があったかどうかもわからないけれど、少し丸みのあるシルエット。もっと愛されるために。若き日の二人が、そう思っていたかどうか。
 コートは、着る人そのもの。長く着ていくと、人生そのものになるのかもしれない。
2018年 冬
アエラスタイルマガジン編集長 山本晃弘

MACKINTOSH LONDON
ステンカラーコートの代名詞であり、ブランドの顔でもある「ダンケルド」。ラグジュアリーな機能素材、ロロ・ピアーナ社の「ストームシステム」を採用。スタイルがよく見えるコンパクトな肩回りとAラインシルエットは、ビジネスシーンでも大活躍。

  • Paul Stuart
    インナーに取り外し可能なダウンベストが付いた3WAYスタンドコート。上質なヘリンボーン素材を使用し、ビジネスにもカジュアルにも馴染む完成度の高いデザインに。インナーのベストはレザー使いで単品としての汎用性も高い。

  • EPOCA UOMO
    尾州産の厳選素材を使用したスタンドカラーコート。スーツなどで使用される梳毛糸を強圧縮してコートに仕上げることで、上品なツヤ、滑らかな肌触りを表現。

  • MACKINTOSH PHILOSOPHY
    英国伝統のライディングアウターを現代的にアップデートした定番キルティングジャケット。ウォッシャブル、保温中わた使用、リバーシブルなど、タフな日常を送る現代のビジネスマンを支える一着。

  • SANYO COAT
    「100年コート」として愛されるダブルトレンチコート。最高級の綿と言われるエジプトコットン〈GIZA〉を使い、日本の繊細な技術で織り上げた仕上げで、撥水加工など機能性も高めている。

INFORMATION

こちらに掲載された商品は、全国有名百貨店等にてお求め頂けます。
店舗リストはこちら

The COAT Station、全国で開催! ※ 店舗によって取り扱いブランドが異なります。

ただいま、こちらのコンテンツで紹介された、この冬おすすめのコートを集めた期間限定店舗「The COAT Station」を全国18店舗で開催しております。
店舗、開催期間は下記のとおりです。


[ 北海道 ]
大丸札幌店 4階 婦人服・6階 紳士服 特設会場......11月14日(水)~20日(火)
[ 東北 ]
仙台三越メンズ定禅寺通り館 4階......11月14日(水)~27日(火)
[ 関東 ]
三陽銀座タワー 1階......11月16日(金)~12月4日(火)
京王新宿店 2階 ハーモニー売場......11月15日(木)~21日(水)
そごう千葉店 3階 婦人服売場......11月20日(火)~26日(月)
そごう横浜店 4階 婦人服売場......11月20日(火)~26日(月)
東武宇都宮百貨店 ウィメンズ 3階......11月14日(水)~22日(木)
東急百貨店たまプラーザ店 ウィメンズ 2階......11月15日(木)~21日(水)
伊勢丹立川店 ウィメンズ 4階 ファーレ側モール......11月14日(水)~20日(火)
[ 東海 ]
松坂屋名古屋店南館 1階 オルガン広場......11月14日(水)~19日(月)
ジェイアール名古屋タカシマヤ 6階 特設会場......11月14日(水)~27日(火)
名鉄百貨店本店[本館] 5階・[メンズ館] 3階......11月14日(水)~ 27日(火)
松坂屋静岡店 北館 3階......11月14日(水)~30日(金)
[ 近畿・北陸 ]
大丸梅田店ウィメンズ 7階......11月14日(水)~27日(火)
そごう神戸店 本館 5階 婦人服 特設会場......11月14日(水)~27日(火)
[ 中四国 ]
そごう広島店 本館 4階・新館 3・6階......11月20日(火)~ 12月3日(月)
[ 九州 ]
岩田屋本店 本館 3階・4階 婦人服・本館 5階 紳士服......11月14日(水)~20日(火)
博多阪急 5階 婦人服・6階 紳士服......11月14日(水)~ 27日(火)

Photo: Kazuki Nagayama Still-life: Takashi Nishizawa Styling: [Women] Atsuko Saeki, [Men] Masayuki Sakurai, Akihiro Mizumoto Make-up: [Women] Sadae Sasaki Hair: [Women] Hiro Hair&Make-up: [Men] Masayuki Model: Anne, Hideki Asahina

PAGE TOP