三陽商会のファッションウェブマガジン

服で福を呼ぶ!メンズ占いユニットCODEの開運アイテム【金運編】

服で福を呼ぶ!メンズ占いユニットCODEの開運アイテム【金運編】

スペシャル

今、絶大な人気を誇るイヴルルド遥華プロデュースのメンズ占いグループ「CODE」が、ファッションもホロスコープも大好きなあなたへ贈る新企画。その名も「CODEの開運アイテム」。毎月の占いからラッキーなファッションアイテムをセレクトして運気をアップさせようというもの。せっかくお買い物するならば、開運アイテムを選んで一石二鳥を狙いましょう初回は2019年の占いも特別にご紹介。ぜひ、ご堪能あれ。

イケメン占いグループCODEが紐解く2019年

初めまして、CODEの杉浦エイトです。まず、占星術からみる2019年という一年をご説明しましょう。今年は、「学び」「成長」「旅」「新しいステージ」がキーワード。今まで以上に自分を成長させたいと思ったり、知らないことを知ることや未知なる世界に飛び込む勇気が大切な年となります。留学を考えたり、専門知識を身につけたり、自分磨きにいそしんだりと、色々ありますよね。実際に旅に出て異文化を味わうなど、意識的に行動範囲を広げることで、新しい可能性を見つけることもできます。ワークショップや学びの場で、人生を豊かにする良い縁に恵まれたりすることも。資格の取得や試験を受けるのもいいですね。周りから憧れの存在になるような言葉遣いやマナー、立ち振る舞いなどを意識するといいかもしれません。
ファッションは、流行を追いかけるだけではなく、色々なスタイルやカラーにチャレンジすると良いです。その中から、より自分を魅力的にみせるアイテムや自分を高めてくれるアイテムを選んでみましょう。「気品」「知性」「品格」というキーワードがフィットするような、コンサバティブな王道スタイルを見直してみるのもオススメ。2019年にしっかりと自分の魅力を高めることで、2020年のオリンピックイヤーに愛と豊かさを手に入れることができるはずです。

金運アップを叶えるために

  • 「初回は金運から。お金は大事ですものね(笑)。金運アップの最強カラーはやはりイエロー、からし色、レモンイエロー、ゴールドです。金運はもちろんのこと強運も呼び込んでくれます。光沢のある素材や質感は、カリスマ性や注目運を与えてくれます。散財を防いで安定した収入を求めるならば、これらのアイテムにブラウンのシューズやバッグを合わせてみて。甘い誘惑に流されずお金を守りたいという人は、ブラックのアイテムと合わせるといいかもしれません」(杉浦エイト)
    「TO BE CHIC(トゥー ビー シック)」のニットロングカーディガンは、軽やかで編み目が美しく、着心地の良いストレッチ性を備えています。シンプルなデザインながら、ペプラムシルエットに仕上げた袖口など、ディテールにこだわりが。
    「MACKINTOSH LONDON(マッキントッシュ ロンドン)」のカットソーは、世界三大高級コットンのひとつのスーピマコットンを使用。程よいハリ感とシルクのような高級感がカジュアルになりすぎない大人のボーダーTシャツです。

サブアイテムで金運アップ

  • 洋服は少しハードルが高いという方には「MACKINTOSH PHILOSOPHY(マッキントッシュ フィロソフィー)」のゴールドのスマホポシェットがオススメ。休日のお出かけにはもちろん、ストラップを外せばクラッチ風にもなる最強アイテムです。これひとつ持っていれば金運アップも間違いなし!?

  • 金運が気になるけれど、今の自分のテイストを変えたくないという方は、アクセサリーはいかが?「EPOCA(エポカ)」のフラワー&リーフモチーフのアクセサリーは、輝きを抑えたヴィンテージ風。ブラックやブラウンの上品コーデで仕事をこなし、アフターシックスにプラスして外出すれば、金運と強運を両方掴めそう!

  • 春に向けてバッグを新調するならば、「MACKINTOSH PHILOSOPHY(マッキントッシュ フィロソフィー)」のこちらがおすすめ。どんなファッションにも合ううえに、今年のキーワードでもある「気品」「知性」「品格」も備わっている優れものです。スカーフを持ち手部分に巻いてアレンジするのも◎!

  • CODE

    2017年10月10日に結成されたメンズ占いグループ。
    16歳から185センチまで幅広いタイプのメンズを揃え、誰かと誰かを繋ぎつつ、幸せになるための暗号を伝える存在でありたいという想いから、「繋ぐ」「広げる」「暗号」を意味するグループ名を命名。占星術・風水・顔相などの占いに男性目線をプラスしたアドバイスで人生や恋愛に悩める女性を幸せに導くお手伝いをしている。この連載をメインで担当してくれるのは、杉浦エイト。

この記事の関連商品はこちら

Photo: Kazuma Okita Direction: Pomalo.inc

PAGE TOP