三陽商会のファッションウェブマガジン

マッキントッシュ ロンドン 新時代の傑作ワードローブ    #4「干場義雅さんに聞く、仕事スタイルの正解」

マッキントッシュ ロンドン 新時代の傑作ワードローブ #4「干場義雅さんに聞く、仕事スタイルの正解」

スペシャル

働き方の多様化が劇的に進み、それに伴って仕事の装いも大きく変容しつつある。いったい何を着たらいいものかと、迷っている方も少なくないはず。そこで、人気ファッションディレクターの干場義雅さんに〝今の正解〞を指南してもらった。

INTERVIEW

  • 干場義雅

    『LEON』や『OCEANS』など、数々の人気ファッション誌に創刊メンバーとして携わり、ムーブメントを牽引。現在は講談社のウェブマガジン『FORZA STYLE』編集長の他、数々のメディア出演やブランドプロデュースなど、多岐にわたり活躍。近著『これだけでいい男の服』(ダイヤモンド社)。

--〝多くの粗悪なものより、少しでいいからいいものを〞、〝大人の服は「普通」でいい〞。服のみならず、ライフスタイル全般に確固たる哲学をもち、長年にわたってそれを貫いてきた干場義雅さん。仕事というものの考え方自体が大きく変わった今、干場さんは仕事の装いについてどのように考えているのだろうか?


「仕事とは、〝事を仕る〞と書きます。つまり、相手への敬意を伴いつつ、何かを行うということ。その根幹をなすのは〝信頼〞だと思います。強い信頼関係からは自然と互いへの敬意が生まれ、それが仕事の成功に繋がる。これは昔も、仕事のあり方が変わった今も同じです。では、信頼感を与えるためにどんな服装をするべきか。これはやはり、〝正統〞に勝るものはないでしょう。その意味で、『ニューブリッジ』(左下写真)という正統のスーツを常に守り続けるマッキントッシュロンドンには好感を抱きますね。イギリスやイタリアの一流ファブリックを使い、着る人の体形を美しく見せる立体感がある。本質に忠実で、誠実なものづくりだと思います。一方で、このスーツからは〝国際性〞も感じますね。たとえば、肩周りはパッドを省き、ショルダーラインへナチュラルに沿う〝なで肩〞に設計されています。これは今や世界標準といえるつくり方で、こういうスーツを着ていれば世界のどこに行っても通用するでしょう」
 
--では、「フレックスジャージー」に代表されるコンフォタブル・ビジネスウェアに関しては?

「機能性が高く、リラックス感を備えた服はもはや、今の仕事に不可欠なツールといえるでしょう。ただし、〝使いどころ〞を理解することが大切です。訪れる場所、会う相手、話す内容などをしっかりとわきまえて、適切に活用する。たとえば猛暑の日、外で人と会うときに、ダラダラと汗をかきながら頑張ってクラシックスーツを着ても逆効果かもしれません。それなら、涼しくて着心地のいいセットアップを着たほうが清潔感を演出できます。それにしてもこの『フレックスジャージー』、ぱっと見ではジャージーとは思えないですね。仕立ての雰囲気もいいし、生地に品格がある。今やあらゆるブランドがこの手のアイテムを出していますが、これはひと味もふた味も違う、非常に優れた出来ですね」
 
--最後に、干場さんが考える服選びの美学についても伺った。

「チャールズ英皇太子は『BuyOnce, Buy Well』(買うなら一度だけ、いいものを買え)をモットーにされているそうです。これぞ、僕の理想ですね。自分が本当に納得できるものを買い、手入れを重ねながら大切に愛用し続ける。マッキントッシュロンドンのDNAとも相通じるところがあるかもしれませんね。まだ馬車が走っていた時代に発明したゴム引きクロスを、ブランドの象徴として今も大切に受け継いでいるわけですから。そういった美意識のあるブランドだからこそ、スーツやジャケットのクオリティーにも信頼が置けますね。いい服というものは、長年着込むと身体に馴染んで、よりしっくりとフィットするようになります。大切なのはTPPO(Time, Place, Person, Occasion)への理解、そして自分自身の〝Style〞です。スタイルを確立することは装いにおける究極のテーマ。ぜひみなさまも探求してみてください」

現代の正統派スーツを体現する
「ニューブリッジ」

マッキントッシュ ロンドンのスーツやジャケットにおけるフラッグシップモデルである「ニューブリッジ」。曲線美を追求したカッティングを基本とし、なかでも流れるようなショルダーラインが印象的だ。生地は英国の名門ラッシャー ミルズ製。仕立ての立体感を引き立てる芯がありつつ、軽やかなウェイトで日本の気候にもマッチするバランスだ。

  • YouTubeチャンネル「B.R.CHANNEL Fashion College」にてマッキントッシュ ロンドンのアイテムを総点検!

    「B. R. CHANNEL Fashion College」は干場義雅さんを講師に迎え、女優の寺田有希さんとともに大人のかっこいいファッションを学ぶ映像コンテンツ。ふたりがマッキントッシュ ロンドンのスーツや「フレックス ジャージ」について熱く語り尽くす動画チャンネルは必見。

    youtubeはここからチェック!

構成・文/SANYO Style MAGAZINE編集部

 

PAGE TOP