モデル丸山悠美さんと||ル ジュールがコラボ!||大人が着られるTシャツが完成

モデル丸山悠美さんとル ジュールがコラボ!大人が着られるTシャツが完成

ブランドピックアップ

LE JOUR(ル ジュール)のコラボ企画第2弾は、モデルやグラフィックデザイナーとして幅広く活躍する丸山悠美さんのセンスに注目。American Apparel(アメリカン アパレル)とのトリプルコラボでは、遊び心あるグラフィックが映えるTシャツシリーズが完成。大人ポップなデザインに落とし込んだ、Duralex社製のグラスもお見逃しなく。

ロゴ&ドットの「着やすさと女性らしさを両立させたシンプルTです」

  • グラフィックデザイナーとしても活躍している丸山さん。今回のLE JOURからコラボ依頼は、American ApparelのシンプルなTシャツにグラフィックで遊び心をプラス、というもの。
    「まず、LE JOURのお客様ってどんな方なんだろう、と考えました。私がイメージしたのは、女性らしいスタイルが好きで心地良く自然体でおしゃれを楽しんでいる人。Tシャツは定番アイテムで無数の選択肢があるだけに、お気に入りを見つけるのは実は難しい。私自身も子育て中で基本はカジュアルなので、Tシャツはすごくよく着ます。無地はあまりテンション上がらないけど、存在感ある柄ものやカジュアルすぎるデザインはちょっと…と、結局欲しいのは、ひとひねりあるけれどシンプルで着やすいもの。今回のコラボでも、自分が着たいTシャツを、と思って作りました」
    ロゴとドットの2デザインで、サイズもレディス&メンズの2種類というラインナップ。
    「目指したのはカジュアルすぎず、コーディネートのじゃまをせずにトレンドや華やかさを添えてくれるTシャツ。色もこだわって選びました。着こなしやすいベーシックカラーもおすすめですが、今年はキレイ色が流行っているので華やかな色もぜひ取り入れて頂きたいです。メンズサイズがあるので彼とのお揃いも楽しめますが、ユニセックスな雰囲気で女の子がユルく着ても可愛いサイズ感です」
    子供っぽくならずにフェミニンさをキープしたデザインなので、普段はTシャツをあまり着ない方にもおすすめ。

LE JOURのロゴをフェミニンにデザイン

「女性らしい雰囲気でロゴをとり入れたくて、筆記体にしました。ロゴが入りがちな胸元よりも、あえて上の位置の首元に配置。王道のカジュアルなロゴTよりもヒネリが効いて、ノーアクセでも顔まわりも華やかになります。目線が上に行くので、スタイルアップ効果も狙えます!」

  • <ホワイト>ロゴ位置が高いので、トレンドのハイウエストボトムをインしてもキレイに着こなせます。<ネイビー>メンズサイズをユルっと着用。袖口をロールアップするとこなれた表情に。<サックスブルー>パステルカラーのワントーンコーデ。Tシャツでもフェミニンな印象に。

  • 凹凸感があり、リュクスな印象のプリント。Tシャツ×プリントのカラー合わせにもこだわりが。合わせやすいカーキは、一枚あると便利。白パンツで大人カジュアルに。

程よいポップ感の透明ドットが新鮮

「トレンドのドットをTシャツに投入。遊びすぎると子供っぽくなるし、普通だとつまらない…ドットの使い方にこだわりました。ポップな大きめのドットですが、透明のラバープリントなのでぱっと見は無地風。光の具合でドットが見えたり隠れたりします」

  • ペンシルスカートに合わせて、Tシャツをエレガントな装いに採用。

  • ピンクのTシャツをちょこっとのぞかせるだけで、ベーシックコーデの鮮度がアップ。

  • 主張しすぎない透明プリントのドットなので、無地感覚で着こなせます。実はドット柄、というヒネリがおしゃれ上級者風。

Duralexのグラスをハッピーカラーにアレンジ

世界を代表するグラスメーカーのDuralex社×LE JOUR×丸山悠美さんとのトリプルコラボも登場。「グラスの底部分にカラーを入れました。ジュースやお酒を注ぐとカラフルで華やかになります。4色1セットなので、ホームパーティにもおすすめ。私はこの色!と、好きな色を選んで盛り上がりそうです。Tシャツとお揃いのLE JOURのロゴが、控えめにぷちっと入っています」

丸山悠美/Yumi Maruyama

モデルとして活動する傍ら、グラフィックデザイナーとしても活躍中。一児のママとしての顔も持ち、インスタグラムにアップされるセンスのよいファッションやハッピーなライフスタイルが話題。

Instagram

Photo:Nobuyuki Ando, Hair&Makeup:Misaki Tsuji, Edit:Satoko Takeda, Direction:Pomalo inc.

PAGE TOP