三陽商会のファッションウェブマガジン

ピッティ・スナップで学ぶ、||「ダウンアウター」のお洒落術

ピッティ・スナップで学ぶ、「ダウンアウター」のお洒落術

メンズコーデの正解

イタリアのフィレンツェで開催されるメンズファッション見本市、ピッティ・イマージネ・ウォモでのスナップに着こなし方を学ぶ企画の第2弾。今回、ターゲットにしたアイテムはダウンアウター。大人の男性はベーシックカラーを選びつつ、さりげなく個性を演出するのが鍵です。

ダウンアウターでもラグジュアリーに

さすがイタリアの男性は着こなし上手。軽くて暖かいダウンアウターですが、単なる防寒着という認識ではありません。ダッフルコート風のデザインで変化をつけつつ、ファー使いがゴージャス。モノトーンでシックにまとめて。

差し色ニットは今季のマストアイテム

黒のダウンアウターは流行に左右されないマストアイテム。とはいえ、着こなしを工夫しないとお洒落感は皆無になることも……。そこで、赤のクルーネックニットの出番。差し色効果で一気に華やぎます。冬の白デニムも好印象。

スポーツミックスでモードな仕上げ

  • ダウンアウターはコンサバティブな着こなしになりがちですが、こちらの男性のようなモード感覚が新鮮。キーアイテムは白のトラックジャージ。そしてハーフパンツとレギンスの組み合わせ。トライしてみたい着こなし例です。

ベーシックアイテムでも洒脱さ抜群

  • 表地がマットなダウンアウターはベーシックなデザイン。ジャケットにVネックニットとシャツの着こなしも定番ですが、バックパックとスニーカーでスポーティー感を上手に加えています。簡単に今っぽくなれる、お手本です。

オールブラックが都会的な感性

たっぷりとしたボリューム感のダウンアウターは厳冬期の強い味方。アウトドア風ではなく、都会の街並みになじむように着こなすには? その答えがこちらの男性の着こなし。オールブラックでも、素材感に変化をつけるのがコツ。

一点差し色アイテムでこなれ感が充満

黒のロングレングスダウンアウターは一見、普通のベンチコート風。それでも、オーバーサイズなフィッティングが今風です。インナーを赤にすることで着こなしが断然、冴える! そんな見本に。中途半端なパンツの丈も絶妙。

Photo: Getty Images Edit: Kenji Washio Direction: Pomalo inc.

PAGE TOP